猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫草は必要か? 猫が草を食べる理由

好物はイネ科の植物 

 

 猫は肉食動物ですから、植物は食べないと思われがちです。しかし、イネ科の植物を好んで食べますし、油断していると家の中の観葉植物を食べてしまうこともあります。観葉植物の中には、猫にとって有害な成分を含むものもありますから、気を付けたほうがよいでしょう。

 さて、猫草はペットショップやホームセンターなどでも売られているほど、今では「当たり前の食料」になりましたが、なぜ猫はイネ科の植物を好むのでしょうか。また、それらは猫にとって必要なものなのでしょうか? 屋外に自由に出られる猫なら、猫任せでよいのですが、完全室内飼育の場合はちょっと気になりますね。猫にきいてみるのが一番なのですが…。

 そこで、筆者も愛猫にイネ科の雑草の代表であるエノコログサ(別名猫じゃらし)を試してみました。すると、目を輝かせてエノコログサに飛びつくのですが、適当なところで奪われてあげると、ちょっと噛み砕くだけで飲みこむ気配はありません。どうも、猫によって好みが違うというのは本当のようです。

「胃の中の毛玉を吐き出すため」が定説

  猫はひまさえあれば、全身をなめまわすために、胃の中に毛玉が溜まってしまいます。それを吐き出すために、植物を食べるのだというのが一般的な説です。特にイネ科の植物のとがった形状が胃を刺激するのだとか…。なるほどと思いますが、通常のえさの中にも毛玉対策用の成分が入っているものが売られています。それに、猫草にあまり興味を示さない猫もいます。他にも理由がありそうです。

食感が好み。ストレス対策にも

 好奇心旺盛な猫のこと、肉類やキャットフードの食感だけでは飽きてしまうのでしょう。「あの食感がたまらない」「ストレス解消には最適」…と、猫が思っているかどうかは不明ですが、「体に良いから…」ではない喜びの要素があることは否定できません。結果的に次のような効果が得られるわけですが、植物を少し食べる猫のほうが種の保存に有利に働いたともいえそうです。

胃腸を整え、不足しがちな栄養素をとる

 近年、食物繊維が「吸収されない第6の栄養素」として一般に浸透してきましたが、猫にとっても排泄を促し、胃腸を整える食物繊維は大事な成分です。

 また、草類には生物が生きていくために必要な補酵素である、ビタミン類が多く含まれています。ビタミンAとEは肉類に含まれますし、ビタミンCは猫の体内で合成されます。しかし、猫の赤血球の合成に必要な葉酸は不足しがちです。葉酸は新鮮な葉に含まれていますから、そうした理由で猫が新鮮な葉っぱを食料として好むのだという説は有力です。

 つまり、猫草は「猫のサプリメント」だというわけですが、他のネコ科の野生動物にも同様の習性が見られるそうです。また、肉食・草食にかかわらず、多くの野生動物は常食する食べ物とは別に、ビタミン・ミネラルの補給として独自のサプリメントを知っているようです。

  TOP  HOME