猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫がかかりやすい病気
  ―腎臓病、ガン、尿結石

 猫の病気には、ウイルス性の伝染病の他に生活習慣病もあります。人間と同じように不適切な食生活や肥満などが主な原因ですが、猫特有の体質もあるようです。そのうち、猫がかかりやすい命を縮める病気として、腎臓病(慢性腎不全)、猫下部尿路疾患(尿石症・膀胱炎など)、及びガンがあります。

 

慢性腎臓病(腎不全)

 有害な物質を水分と一緒に対外に排出するのが、腎臓、尿管、膀胱、尿道などですが、猫はこの泌尿器系の病気が多いのが特徴です。乾燥地帯をルーツとする猫は、体内の水分を有効利用するような体の仕組みがあるため、次の猫下部尿路疾患と並んで泌尿器系の病気になりやすいのです。そのため、猫の寿命は腎臓の寿命だともいわれます。

 慢性腎臓病は、腎臓の機能が徐々に衰えて、老廃物がたまってくる病気です。腎臓の濾過機能(ろかきのう)などが低下しても、症状が現れるのが遅いため、気がついたときはかなり病状が進んでいると思ってよいでしょう。最後には尿毒症になって死に至ります。

 初期症状としては、大量に水を飲むようになり、色の薄い尿をよくするようになります。悪化すると、下痢、嘔吐、脱水症状、衰弱などの症状が現れます。

 治療法は、病院から出された療法食と十分な水分補給ですが、高齢な猫は死期が近いでしょう。この病気はぜいたく病ともいえ、バランスのよい食事を適量与え続けることで、リスクを低減させることができます。なお一部の純血種に遺伝性の慢性腎臓病もあります。

猫下部尿路疾患(尿石症・膀胱炎・尿道閉塞)

 猫下部尿路疾患とは、猫がよくかかる尿石症・膀胱炎・尿道閉塞などの病気の総称です。尿道の疾患は、尿道が狭くて長いオスのほうが重症になりやすいのが特徴です。

 尿石症は尿道や膀胱、尿道に結石ができる病気のことで、そのうち尿道にできるものは尿結石と呼ばれています。猫の結石は、マグネシウム、アンモニア、リン酸塩の結晶化したものが成長してできたものです。

 猫の尿は通常、弱酸性ですが、何らかの原因で尿がアルカリ性になったときに、ミネラルが溶けないために結晶化するもので、マグネシウムやリン多く含んだ食事はこの病気のリスクを高めます。さらに、水を飲む量が少ないと、トイレに行く回数が減り、尿が濃縮されて結石ができやすくなります。

 また、膀胱炎から尿石症になることもあります。結石が尿道に詰まると尿道閉塞を起し、治療をしないと尿毒症になって死に至ることになります。

ガン

 ガン(悪性腫瘍)は猫や犬にもあり、増えています。これはペットが大切に育てられるようになって寿命が延びたためで、これも人間と同じです。

 猫にはリンパと血液のガンが多く、ウイルスによる病気から発症することが多いのが特徴です。リンパ腫は、猫白血病ウイルスが発症率を高めることが分かっており、ウイルスに感染すると若い猫でも発症します。またウイルスが陰性の場合でも、高齢になれば発症リスクが高まります。

 血液のガンといえば白血病(骨髄性腫瘍)ですが、これも猫白血病ウイルスに感染することによってかかる場合が多いのです。ただし、陰性でも白血病にかかりますから、猫白血病ウイルスの予防ワクチンをしたから安心とはいえないようです。

 この他の猫のかかりやすいガンとしては、皮膚がん、乳ガン、鼻のガンが多いようです。乳ガンになるのはほとんどメスで、避妊手術をしてないメスや高齢のメスほど発症率が高まります。また、皮膚ガンは日光に弱い白猫に発症リスクが高いので、外に出して飼う場合は注意が必要です。

 治療法は外科手術と化学療法がありますが、抗ガン剤は延命策に過ぎず、猫を苦しませるだけなので熟慮が必要でしょう。

 いずれにしても、一次的な気持ちで行動を起すのではなく、猫にとっても自分や家族にとっても、将来にわたって幸せに暮らせるかどうかはじっくり考える必要があるでしょう。

 TOP  HOME