猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

室内飼いに伴う危険行動と引っかき被害

 「猫が満足する部屋作り」の続編です。完全室内飼いをするに当たって、猫の危険行動や、室内の引っかき傷による被害への対策をまとめました。

猫を外に出さないための注意

 

玄関のドアと窓

 外出の際には近くに愛猫がいたら注意してください。成猫は想像以上にすばしっこく、捕まえようと手を下ろしたときは、股くぐりで外に出てしまっているということがあります。
 換気などで窓を開けるときは必ず網戸を閉めます。網戸がない窓は、猫が通れない程度の幅で開けますが、軽くてスベリのよい窓は知恵と力がついてくると猫も開けられますから、開けられないように固定する必要があります。

ベランダ、バルコニー

 木造住宅2階のベランダには、猫が簡単に降りられるものもありますから、好奇心旺盛な猫の脱走には注意が必要です。
 また、マンションなどのバルコニーでは、隣とのパーテーションの下をくぐってしまったり、誤って下に転落してしまったりするおそれがあります。通常、あまりに高いところは猫も怖がりますが、安心はできません。実際に猫の転落事故はあるのですから…。
 猫は一瞬の隙を突いて飛び出しますから、外につながる窓を開く際は、近くに愛猫がいないかどうかをしっかりと確かめましょう。

室内での被害について

 猫は爪が引っかかるものなら何でも引っかくのが習性です。爪とぎ用の板を用意しても、それ以外のところで爪とぎをしたり、よじ登れるところはどこでも爪を立ててよじ登ろうとしたりします。次に注意点をまとめました。

柱や壁を爪とぎ場にさせない

 木製の壁や爪の引っかかりやすいクロス張りの壁は、猫が喜ぶ格好の爪とぎ場になります。その予防策として、猫が出入りする部屋の何箇所かに市販の爪とぎ板を用意します。床に置くタイプと、壁に立てるタイプと両方が必要になるでしょう。猫がその爪とぎ板を使ってくれるまで、設置場所や方法を工夫します。
 関連ページ ⇒ 猫の爪とぎと爪切り

カーテンは覚悟を

 風に揺れるカーテンは猫の大好きな遊び道具です。特にレースのカーテンは爪が引っかかりやすいので、元気のよいときは一気に上までよじ登ります。そのダイナミックなかわいらしさを味わっている場合ではありません。たちまちカーテンはずたずた…。どんなに叱っても、猫はこのカーテン登りを何度でもやります。あきらめるしかないでしょう。
 方法は二つ。インテリアの趣味に反するかもしれませんが、爪の引っかからない素材を選ぶこと。もう一つは猫の嫌いなニオイをスプレーして近づけないという方法です。あるはカーテンをやめて、ブラインドなど別の方法を講じる手もあるでしょう。

床材

 夜行性の猫は深夜の大運動会をよく行ないます。昼間でも遊んで欲しいときに、狩猟モードのスイッチが入り、素晴しいダッシュ力を見せることがあります。
 マンションなどの共同住宅の場合、じゅうたん敷きでない床は防音対策を講じる必要があります。防音カーペットを敷くか、じゅうたんやコルク材に張り替えるなど考えられます。なお、じゅうたんは爪の引っかかりやすい素材の場合、床全体が格好の爪とぎ場と化します。
 防音対策が必要ない場合の留意点としては、掃除のしやすい床材がおすすめです。猫は床に吐いたり、粗相をしたりすることがありますし、毛も相当に抜け落ちますから、その対策です。

ソファ、椅子など

 やはり猫の爪が引っかかりやすい布などの素材は避けましょう。

  TOP  HOME