猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫の遊びとおもちゃ

「猫が満足する部屋作り」の続編です。完全室内飼いをするに当たって、猫の危険行動や、室内の引っかき傷による被害への対策をまとめました。

猫を外に出さないための注意

 

 猫は好奇心が強く、遊び好きです。特に動くものには敏感で、触れるとかさかさと音の出るものや、毛糸のように感触のよいもの、長いもの、小さくて転がるもの、などにも強い興味を示します。また、自分自身がぎりぎりで入れる狭い場所も好きです。

 このように猫が何にでも興味を持ち、またそれを遊びにしてしまうのは、狩りの練習という意味があると考えられています。また、人間の環境の中で暮らすわけですから、そうした遊びを通して人との接触の仕方も学んでいるのかもしれません。

 いずれにしても、猫にとって遊びはきわめて大事で、運動不足やストレスの解消にも欠かせないものです。個体差はありますが、飼い主に遊んで欲しいと強く要求する猫もいますから、犬ほどには手がかからないといっても、猫が遊んで欲しいときは一緒になって楽しみましょう。

猫専用のおもちゃについて

 どこの家でも手編みをしていた時代には、毛糸玉が猫の格好の遊び道具となり、主婦を困らせたものです。猫はどんなものでもおもちゃにしますから、例えばエノコログサ(別名ネコジャラシ)もその名の通り立派なおもちゃになります。毛糸などを使って手製の小さなねずみのおもちゃを作っても、猫は大喜びでじゃれてくれます(ただし、出来栄え次第)。

 猫専用のおもちゃはいろいろな種類ものが市販されていますから、それを買ってもよいでしょう。どれも猫が喜ぶよう作られているはずですが、猫とて人間同様に個性があり、好みが違います。実際にそのおもちゃを使って遊ばせてみなければ、本当に愛猫が夢中になるかどうかは分かりません。

猫と犬の遊び方の違い

 猫は動くものを追いかけるのが大好きですが、犬とはちょっと違うところがあります。それは捕まえたおもちゃをご主人様のところにくわえて持ってこないことです。そもそも、猫は飼い主をご主人様と思っていません。対等に遊んでいるつもりなのかもしれません。

 また、投げたりはじいたりしたおもちゃが止まってしまうと、興味を失います。遊びが進化していくと、追いかけるよりも待ち伏せすることを好むようにもなります。自分でおもちゃを転がして遊ぶ自立型の猫から、あくまで人に頼る犬型の遊びを好む猫まで、個体差があるのも特徴です。

  TOP  HOME