猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫の爪とぎと爪切り

 猫は爪を研ぐ動物で、一緒に暮らす以上はその対策をしっかりしないと、インテリアはぼろぼろにされます。猫の爪とぎの目的は2つあります。一つは武器としての備え、そしてもう一つは社会的な意味を持つものです。

 
 猫の爪は単に伸びるだけでなく、外側の細胞が死んでいきますから、それを削り落として鋭い爪を保つことが欠かせません。爪とぎは、一義的には外的から身を守り、獲物を捕るための「武器の手入れ」なのです。急に興奮して活発になる時、準備体操のような感じで爪とぎをすることがありますが、これも同じ意味でしょう。

 もう一つの社会的な意味とは、自分の縄張りを他の猫に知らせるための「マーキング」で、木の幹や柱、家具など、垂直に立つものを引っかいて自分の存在を知らせます。また、足先や首などをこすりつけてニオイをつけるのも、マーキング行動の一つです。爪とぎは猫の習性ですから、室内での一匹飼いでも、しつけて止めさせることはできません。

爪とぎ板の設置

 爪とぎの対策は、室内のあちこちに爪とぎ板を用意することです。床に置くタイプだけでなく、垂直に設置できるタイプのものも愛猫が行動する各部屋に必要です。爪とぎ板は、猫の爪が引っかかりやすいダンボール製のものや、荒い目の丈夫な布を張ったものなどがホームセンターなどに売っていますから、それを利用するとよいでしょう。

 垂直に爪とぎ板を設置する場合、猫が背伸びをしても十分な高さまで上部にゆとりを持つことが大事です。猫によく見える場所や、よく遊ぶ場所にしっかりと固定します。

 素材は、猫が爪を立てたくなる魅力的ものを選ぶことも重要で、柱や壁、たたみ、じゅうたん、家具などに爪とぎに適した素材があると、猫はそちらを好んで利用するようになります。猫が住む部屋のインテリアには十分な注意が必要ですが、すでにあるもので、どうしても猫の爪とぎが避けられない場合、見た目は悪くとも表面がつるつるした素材で覆って防ぐしかないでしょう。
 ☆関連ページ ⇒ 猫の室内飼いに伴う危険行動と引っかき被害

爪切りについて

 猫が決まった場所で爪とぎをするようになっても、鋭く伸び過ぎるのは問題です。猫にその意志がなくてもカーペットやカーテンなどに爪が引っかかって、インテリアが台無しになるだけでなく、時には猫にとっても爪が折れるなどの危険があります。そのため、定期的に猫の爪は切ってあげる必要があります。次に猫の爪を切るための注意点をまとめました。

猫の爪を切るための注意点

  ・必ず猫用の爪切りを使ってください。猫の爪は筒状に湾曲しているので、人用の爪切りではうまく切れません。
・猫の指先を軽く押すのがコツで、自然に爪が出てきます。
・猫は爪の中にも血管や神経が通っています。爪をよく見ると、外側から薄くピンク色に透けて見える部分がありますから、決してそこを切らないように注意してください。
間違って切ってしまった場合は、脱脂綿やガーゼで止血します。ペット用の止血パウダーも市販されていますから、慌てず騒がず、愛猫に動揺させないようにしましょう。
慣れないうちは嫌がりますが、最初は1~2本だけでも切ったら次の機会にします。どうしても切らせてくれない場合は二人がかりで行ないます。一人が優しく抱いて手(前足)を押さえ、もう一人がすばやく切ります。

  TOP  HOME