猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫の起源と歴史

古代エジプト起源説を覆す新発見

 

 猫が人間と暮らすようになったのは、約五千年前の古代エジプトからだというのが定説でした。当時のエジプトでは、ナイル川流域の肥沃な農地から採れた穀物を倉庫に蓄えており、それをねずみから守るために、猫を飼っていたのです。このことは、3600年前の絵画に猫と人が暮らしていた様子が描かれていることからも、証明されています。

 ところが、遺伝学が発達した21世紀に入って、それを覆すある証拠が発見されました。それは地中海の東に浮かぶキプロス島で、9500年前の墓から猫の骨が発掘されたことです。しかも、この猫の骨を遺伝子解析したところ、リビアヤマネコと同じ系統に属し、現在、世界中で飼われているすべての猫も遺伝学的に同じルーツを持つことが判明したのです。猫との付き合いは古代エジプトではなく、9500年前の中東から始まったというのが、現在の定説です。

エジプトやローマ帝国の貴族に愛された猫

 古代エジプトでネズミを捕る「家畜」として飼われていた猫は、その魅惑的な愛くるしさから、やがて王侯貴族のペットとして珍重されるようになりました。愛猫が死ぬと、ミイラにして手厚く葬ったという記録もあるくらいです。

 権力者からそれほどに可愛がられた猫ですから、貴重な猫を国外に持ち出すのは法律で禁じられていました。しかし、それでも猫は、地中海交易を行なうフェニキア人によって密輸され、農業の盛んな地中海やアジアなどの周辺地域に広まっていきました。

 やがて、帝政ローマ時代になると、ローマ人は主食の小麦をネズミから守るために、猫を大事にしました。ローマの貴族もまた、猫の魅力には勝てなかったようで、ペットとして珍重しました。

 さらに大航海時代には、ネズミから食糧その他の荷物を守るため、猫を船に乗せていたという記録もあります。また、伝染病を媒介するネズミを退治するという意味でも、猫は役立っていたようです。

日本の猫はシルクロードを伝って来た?

 日本の猫はどこから来たのでしょうか? 有力な説は、仏教の伝来と共に中国から船に乗ってきたとするものです。どうやら猫は長い航海には“必需品”だったようですが、穀物だけではなく、大事な仏教の経典をネズミから守るということも重要な役割でした。

 その中国の猫は、中央アジアのシルクロードを伝ってやってきたといわれます。中国では穀物や書物の他に、蚕のマユをネズミから守るのも、猫の重要な役割でした。

 こうしてねずみ退治が目的で日本に入ってきた猫ですが、古代エジプトやローマの例に漏れず、貴族たちは猫がお好きな種族のようで、日本でも平安時代には猫が可愛がられていたという記録が残されています。

  TOP  HOME