猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

個性派の愛らしい猫
スコティッシュフォールド、マンチカン、ベンガル、スフィンクス

 
 猫には、犬に比べて種類による大きな形の違いがありませんが、ここにご紹介するのは個性派ぞろいです。耳の折れたマンチカン、短足のマンチカン、ヒョウとジャガーの模様を持つベンガル、無毛のスフィンクスの魅力をお伝えします。

スコティッシュフォールド

 スコティッシュフォールド(写真右)は1961年にスコットランドで発見された突然変異種です。その名にフォールドがつくとおり、両耳が真ん中から前に折れ曲がった特徴を持ち、体系もずんぐりしていて頑健。出身地の寒さに適応してか、寒さに強い体となっています。

スコティッシュフォールド 温厚な性質で、人になつきやすく、人に対する信頼感が強い猫です。猫には珍しい耳折れを可愛いと思う人も多く、性格的な親しみやすさも手伝って、日本でも人気上昇中。

マンチカン

 マンチカンはダックスフントの猫版ともいうべきもので、短い足が特徴のユニークな猫です。犬では近年、ミニチュアダックスフントが大ブレークしていますが、マンチカンもテレビでその姿が放映するなどして、人気が急上昇しています。

 性格は陽気で社交的。見かけによらず運動も得意で、普通の猫がなかなかできない後足立ちもお手のものとあっては、認知度が高まるにつれてますます人気も高まるかもしれません。

ベンガル

ベンガル ベンガル(写真右)は、ベンガルヤマネコ(アジアン・レパード・キャット)という野生のヤマネコとイエネコを交配して作られた種です。頭が比較的小さい短毛種で、体にヒョウ(レパード)やジャガーのような模様があるのが最大の特徴です。

 毛色はブラウン、スノー、シルバー&スモークがあり、模様は豹柄とマーブル(渦巻状の縞模様)に分かれます。容姿は野生的な雰囲気ですが、性格は意外にも温厚で飼いやすいようです。

スフィンクス

 スフィンクスはカナダで生まれた突然変異種で、無毛の猫として知られます。しかし、肌がつるつるというわけではなく、短くてやわらかい産毛のような毛で覆われています。

 スフィンクスは毛がないだけでもかなり個性的ですが、小さな顔にとがった大きな耳がつき、大きな丸い目が顔からこぼれそうについており、その風貌はかなりユニーク。かのSF映画「ET」のモデルになったといわれるゆえんです。

 毛がないので暑さ寒さに弱く、また皮膚が脂っぽくなりやすいので、室内で飼い、こまめに手入れをしてやる必要があります。

  TOP  HOME