猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

根強い人気のアビシニアン、ソマリ、メインクーンキャット…etc.

 かつて、外来種の猫といえばシャムネコとペルシャ猫が有名でしたが、アビシニアンもカレンダーなどによく使われるなど高い人気を集めていいます。また、ソマリ、メインクーンキャット、ノルウェージャンフォレストキャットも根強い人気です。

アビシニアン

アビシニアン アビシニアン(右の写真)は、古代エジプトの壁画や彫刻にある「聖なる猫」と似ているといわれますが、原産国はその近くのエチオピア(旧名アビシニア)。1980年代にイギリスに持ち込まれ、繁殖が始まりました。

 ゴールドの短毛に覆われ、しなやかでエレガントな立ち姿が魅力です。
 野生的な優雅さを持つ外見とは逆に、性質は甘えん坊でやや神経質ですが、人間の愛情を求める傾向が強いといわれます。鈴を転がすような声が美しく、日本でもまずまずの人気です。

ソマリ

 ソマリの名は、日本ではあまりポピュラーではありませんが、アビシニアンからつくられた長毛種です。シルクのように柔らかく光沢のある毛と、アーモンド形の目が特徴で、人気も上々です。

 鈴を転がしたような鳴き声もアビシニアン譲り。性質が甘えん坊でやや神経質というところもそっくりですから、認知が高まるにつれてさらに人気は高まるでしょう。

メインクーン キャットメインクーン キャット

 メインクーンキャット(右の写真)は米国メイン州で19世紀半ばから飼われていた猫で、メイン州の州猫とされています。愛称はジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)。その名のとおり、がっちりとした大きな体型で、性格は温和で物静かです。

 大きな体は厚い毛に覆われてゴージャス。ワイルドな美しさが魅力です。そのほか、ふさふさとした長い尻尾、先端に飾り毛のついて幅広の先端がとがった耳もメインクーンの特徴です。日本でもそこそこの人気があります。

ノルウェージャンフォレスト キャット

 名前のとおり、原産はノルウェー。光沢のあるゴージャスな長毛は、スカンジナビア半島の寒冷な気候に適応しています。大型で強靭な肉体を持ち、成猫になるまでに3~4年はかかるようです。性格は温和で、愛情を持って接すれば人なつっこく育つでしょう。

  TOP  HOME