猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫に適した食べ物と与え方

 猫に適したとはどんなものか? 好きなものなら何でも食べさせてよいのか? いわゆる「猫まんま」はどうなのか? 肉、魚、乳製品、穀類、野菜、加工食品、猫草、市販のキャットフードなどに分けて、注意点をまとめました。
 

肉―たんぱく質の補給源

 四足動物の肉はたんぱく質の補給源として重要です。中でも豚肉は脂肪も多いため理想的といえるでしょう。家庭で肉を与えるときは、寄生虫を避けるため生肉は避け、加熱することが大切です。肉の欠点としてはリンが多いため、カルシウム不足になることです。

魚―先祖は魚のいない環境だったが…

 猫の先祖は乾燥地帯だったため、もともと海の魚は食べませんでしたが、日本では「猫といえば魚」というイメージがあります。魚も有力なたんぱく質源には違いありません。注意すべきは、食事に不飽和脂肪酸の多い青魚が多くなると、ビタミンEが不足して黄色脂肪症にかかるリスクがあることです。また、食卓に上った魚料理は、猫にとっては塩分過剰になりますから、与えるのは避けるべきです。

 なお、魚介類の中にはエビ・タコや貝類などに猫にとって危険な物質が含まれているものが多いので、別にまとめました。 猫に与えてはいけない有害な食べ物

乳製品―成猫は乳糖を分解する酵素が少ない

 チーズやバターは脂肪が多く、消化によいたんぱく質もあって、猫も好みます。ほんの少量なら与えてよいでしょう。ヨーグルトも無糖ならOKです。ただし、食塩を多く含む乳製品は好ましくありません。なお、牛乳は子猫には「定番」のイメージがありますが、もちろん母猫の母乳がベスト。成長した猫は牛乳に含まれる乳糖を代謝できないので、与えると下痢をします。

穀類―少量ならOK、ダイエットにも

 猫はご飯をはじめとする穀類も、好みの味や匂いがついていれば食べます。しかし、穀類に対しての消化機能が弱く、たんぱく質・脂肪不足にもなるので、常食は避け、少量にするとよいでしょう。脂肪を含む動物性の食品に比べて同量でもカロリーが低いので、ダイエット食にもなります。なお、多くのキャットフードにはバランスを考慮して穀類が少量含まれています。

その他(野菜・果物・加工食品)

 ビタミンCが合成できる猫には、野菜や果物は不要ですし、たいていの猫はあまり好みません。ただし、猫が好んで食べる草はあります(次項参照)。
 加工食品は、「長期間食べ続けても人間には害がない」とされる程度の添加物が含まれていますが、体の小さい猫には不安が拭い去れません。塩分が多く含まれるだけでも、もともと尿の濃い猫には有害なので、与えるときはごく少量にするとよいでしょう。

猫草

 オール肉食のイメージのある猫ですが、ある種の草を好んで食べます。これは毛づくろいをして飲み込んだ毛がたまったとき、吐き出すためだのものといわれていますが、好奇心や遊びで食べることもあるようです。イネ科の植物が特に好まれるようで、ペットショップなどでは発芽済みの燕麦や栽培キットなどが売られています。猫は、室内の観葉植物なども食べてしまうことがあるので、猫にとっての毒性は調べておく必要があります。なお、猫草は猫によって好みが違い、食べない猫もいます。

キャットフード

 お手製の食事だけでなく、キャットフードを与えるのも悪くはありません。手間と経済性、愛猫の好みや栄養バランスなどさまざまな要素を考慮して、両者の長所を生かしながら併用するのがよいのかもしれません。

 日本のキャットフードは、法的には欧米のような安全基準と規制がありませんが、ペットフード公正取引協議会が基準を定めて自主規制を行なっています。この基準に従った商品を購入することはもちろんのことですが、栄養バランスにも十分考慮して選ぶことが大切です。

  TOP  HOME