猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

猫に与えてはいけない有害な食べ物

 
 猫は食べられるものかどうかを主にニオイで判断しますが、猫が喜んで食べるから安全だということはありません。人間にとっては当たり前の体によい食品が、猫にとっては有害な物質を含む食品となることは意外に多いのです。食卓に上った食べ物を愛猫が欲しがると、ついあげたくなるのが人情ですが、安全性としつけ(けじめ)の両面から好ましくありません。また、時には猫の命に関わる食材もありますから、注意が必要です。

ユリ科の植物(玉ネギ、長ネギ、ニラなど)

 タマネギや長ネギ、ニラ、ニンニクなどのユリ科の植物には、猫や犬の血液中の赤血球を破壊する成分が含まれており、急性の貧血や血尿を起します。この毒性は加熱しても破壊されないので、食べ物として与えないことはもちろん、植物に近づけないことが大切です。ネギ類はハンバーグやつくねなどにも含まれていますから、注意が必要です。

ビタミンB1欠乏症を起すイカ、タコ、エビなどの魚介類

 魚介類には、猫に必要なビタミンB1があまり含まれていないので、魚だけで育てると寿命を縮めることになります。そればかりでなく、イカ、タコ、エビ、カニなどの軟体動物や甲殻類、及びコイ、ワカサギなどの淡水魚には、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼを含んでおり、猫にとっては有害です。古くから「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言われていますが、これはビタミンB1不足により背骨の変形を招くなどして、寿命を縮めるからです。

 ただし、チアミナーゼは加熱すれば問題はありません。イカやタコには猫に必須のタウリンが多く含まれていますから、刺身で食べさせない限り大丈夫です。でも、過熱してもたくさん食べると消化不良を起しますから、少量が無難でしょう。

ソラニンを含むナス科の食物

 ナス科の植物(ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモなど)にはソラニンという物質が含まれており、猫には有害です。食べ過ぎると、胃腸障害、下痢、中枢神経系の抑制、心拍数低下など、さまざまな症状を引き起こすことがあります。

カカオ、チョコレート、コーヒー

 カカオには猫が代謝できないテオブロミンという物質が含まれるため、一度にたくさん与えたり長期間与えたりすると、肝臓や腎臓に障害が起こし、命に関わります。
 また、カフェインも同様の中毒症状を起しますから、コーヒー、お茶、紅茶などは猫には飲ませないようにしてください。

青酸配糖体を含む果物・ナッツ類

 リンゴ、桃、プラム、サクランボ、アーモンドなどの葉や種には青酸配糖体といわれる物質が含まれており、それらを食べると体内で青酸に変化します。人間にとってはごく少量のため有害ではなくても、猫にとっては毒物であり、虚脱、呼吸困難、痙攣などの症状を起して、時には死を招くことさえあります。もっとも、それらの種を食べる機会はあまりないでしょうが、覚えておいたほうがよいでしょう。

寄生虫のいる可能性のある豚肉などの生食

 生の豚肉には、トキソプラズマという寄生虫がいることがあります。人と同様に猫も発症しますから、生では食べられません。その他、寄生虫を持つ可能性の高いサバや一部の淡水魚も、生で食べるのは人間と同様に危険です。

その他、塩分、リン、マグネシウムの過剰摂取にご注意

 猫は汗をかかないため、人と同じ食事を与えると塩分のとり過ぎになります。
 また、リンやマグネシウムの過剰摂取は、膀胱や尿道に結石を起こす原因となります。 そのため、にぼしやかつおぶしは、カルシウムが多いからといって、与えすぎないようにご注意ください。

  TOP  HOME