猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

トイレの猫砂/楽で臭いの少ないのは…

名前を呼ぶと振り向いて、じっと見つめるJIN 猫用の砂には実に多くの商品があるので、初めて選ぶときは誰でも迷ってしまうに違いない。店頭で商品に書いてある能書きを見て、まずは「トイレに流せる」「消臭」「固まる」をキーワードに3つくらいに絞り込んでみた。消耗品なので当然、価格も気になる。

 迷った末に選んだ猫砂を試してみるが、どうも消臭効果が薄いようだ。それはそうだろう。猫砂だけで空気中に臭いを出さないなどということは不可能である。そこで、空気中に散布するペット用の消臭剤もいろいろ併用してみるが、完璧とはいえない。猫ちゃんが用を足したら早めに糞尿を片づけるのが一番だが、おしっこが固まるには時間がかかる。

 そもそも「トイレに流せる」ということと、「しっかり固まる」ということは二律背反である。だからトイレに流すことを前提にすれば、しっかり固めることは妥協しなければならない。

 時代はエコ重視の風潮になっているので、原料が何かも無視できない要素だ。「おから砂」「木砂」「紙砂」などの文字が魅力的に映る。ますますしっかり固まることから遠ざかりそうだ。実際にいろいろと試してみると、この他に「粉になって飛び散らない」という要素も重要であることが分かってくる。粉になった砂が多くなると、猫ちゃんトイレの砂を全部取り換えなければならなくなる。トイレが詰まらないように捨てるにはかなりの手間がかかるのだ。

 そこで「燃やせるゴミとして捨てられる砂」というのも検討してみたが、捨てる日までの臭いが気になる。第一、こっそりと猫を飼っている分際では、マンション専用のごみ置き場にそれを置くのはなかなか勇気がいる。管理人さんがごみ袋を開けて、中身を確かめることもあるらしい。

 あきらめかけていたときに、素晴らしい解決法があるのを見つけた。砂を固めるのではなく、おしっこを下に素早く落としてしまうという逆転の発想だ。下には受け皿があって、猫の尿を吸収してしまう専用のマットを敷いておく。これで放置しても最低1週間は猫の尿が臭わない。効果がなくなったら、汚れたマットは「燃えるごみ」として捨てればよい。あとはウンチをその都度トイレに流すだけの作業だから、始末が楽になった上にアンモニア臭から解放される。

 思考錯誤を繰り返し、大分遠回りしたが、これで世話をする者だけでなく、猫ちゃんにとっても快適になった。

※私が使用しているのは、花王の「ニャンともワンだふる 清潔トイレ」で、トレー付トイレ、チップ(砂)、マットはセットになっています。

JIN写真-満1歳1カ月

ジャンプにはまだ…
「降りるのは苦手」

リビングルームのパーティションはJINの格好の運動具となった。当初は半分ちょっとしか登れなかったが、カギ爪がしっかりしてくるとあっという間に上まで登ってしまった。

しかし、ここからが一苦労。猫は後ずさりして降りられないので、このように頭が下になる。飛び降りられる距離まで前足が届いてから、ジャンプして着地だ。
恐るべき平衡感覚
「ジャンプ寸前」

天井高は2m60cm超。これまで飛び降りたことのない高さのため、JINは用心深い。このままの姿勢で動かないのは、ためらっているのか? 数秒後、着地点を見定めたJINは、身をひるがえす。また一つ、ハードルを越えた。
  NEXT   TOP  HOME