猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

甘噛みの癖と、遊びや攻撃の噛みつき

 
 猫が飼い主に対して噛む行為には3パターンがあります。子猫時代の甘噛みが癖になり、成猫になっても飼い主に甘噛みをする場合。狩猟本能が刺激されて、遊びのつもりで噛みつく場合。そして、パニックになって攻撃するために噛みつく場合です。「かわいい猫ちゃんなのに、実は困っている」という方も少なくないでしょう。

 愛猫に噛まれたときは、それが甘えなのか、遊びなのか、攻撃なのかを判断する必要があります。猫と長く一緒に暮らしていれば、たいていはどのケースか区別できるでしょうが、問題は「なぜ噛みたがるのか」ということです。

甘噛みの癖

 子猫は飼い主に甘えて指をぺろぺろなめたり、軽く噛んだりします。痛くないので、心地よさも手伝ってされるままにしていると、癖になって成猫になってもやめないことがあります。自分では手加減をしているつもりなのでしょうが、あごの力が強くなっているので、けっこう痛いものです。とがった歯型がくっきり残ることもあります。

 そんなわけで、甘噛みは子猫の段階でできるだけさせないことが大切です。子猫にしてみれば、軽く噛むマネをして相手が嫌がらず受け入れれば、それを愛情と感じているのかもしれませんが、信頼関係を築く方法は甘噛みを受け入れなくてもできます。

 すでに成猫になって癖がついてしまった場合は、普段からじっくり観察をして、噛まれる前にその状況を回避します。噛もうとした瞬間に手を引っ込めると、猫は拒絶されたと感じて怒ることがありますが、相手にせずさっさと離れれば、攻撃の噛みつきには移行しないでしょう。

遊び(狩猟本能)による噛みつき

 猫の遊びはほとんどが狩りの練習といえます。やっとよちよち歩きができるようになった頃から、猫は動くものを目で追い、母親の尻尾などでじゃれます。兄弟がいれば格好の遊び相手となり、追い回したり、飛びかかったり、噛みつき合ったりします。

 時には興奮して強く噛むこともありますが、その場合は相手が悲鳴をあげたり、お返しに強く噛んだりしますから、その中で家族や仲間に対する「限度」というものを知ります。子猫は、兄弟との遊びを通じて手加減することを学習するのです。

 子猫が遊びのつもりで、本気で噛み付いてきた時はどうしたらよいでしょうか。これは毅然とした態度で教育する必要があります。小猫ちゃんの親や兄姉になったつもりで、一緒に遊びながらしつけること。そして、決して体罰はしないということが大切です。人も動物も同じですが、体罰で服従を強いる教育(しつけ)では、信頼関係が壊れて教育効果が得られないでしょう。

攻撃性を摘み取る

甘やかし、言いなりは禁物

 猫は犬と違って、上下関係や序列を作らない動物だといわれます。しかし、それも程度問題でしょう。あまりに愛猫の言いなりになっていると、猫は女王様(オスでもこの表現がぴったり)のようなつもりになります。あげくの果てに、思い通りにならないと攻撃に出るような猫になりかねません。

 どんなにかわいくても、甘やかしは禁物。噛まれることを恐れず、決して噛ませない態度が必要です。そのためには、猫が攻撃しそうな兆候に敏感にならなければなりません。そして、攻撃の姿勢を見せたら、無視をすることです。「自分が優位だ」という勘違い猫を、ギブアンドテイクの関係に戻します。また、食事についても、飼い主主導でコントロールすることが大切です。

しつこい愛撫が攻撃をもたらすことも

 猫は人になでられることが大好きで、さりげなく巧妙にそれを催促します。飼い主にとっても猫の毛をなでるのはとても気持ちよいことなので、つい長々と続けがちです。でも、猫は実に飽きっぽい動物なのです。愛撫がうっとうしくなってくると、いらだって突然手を噛むことがあります。そうなる前に、適当なところで「快適さ」を中止すると、猫も離れていきます。

猫の興奮時には近寄らない

 猫は野生的な性格をそのまま残してペット化された動物です。そのため、窓の外からの鳥や虫などさまざまな刺激に対して、突然興奮することがあります。そんなときに猫に近寄ると、飼い主に対しても攻撃をすることがあります。あり余るエネルギーのとばっちりを受けないよう、そっと離れていましょう。

遊びの催促としての擬似的攻撃

 猫が遊びを催促するサインはいろいろありますが、ストレートに飛びかかって、噛みついたり、服の上から爪を立てたりする猫もいます。擬似的な攻撃行動ですが、始めのうちは遊びの催促と気がつかないこともあります。攻撃を避けるためには、他のおもちゃで気をそらし、少し遊んであげます。遊びは、猫の狩猟本能を満たしてあげるために欠かせませんから、猫が退屈しないよう日頃からよく遊んであげるようにしましょう。

  TOP  HOME