猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

愛猫が吐いた! 対策は…

 
 猫が吐く様子は見ていて苦しそうで、飼い主にとっては心配でなりません。猫はよく吐く動物だといわれますが、それは吐きやすい体型をしているということもあるようです。何しろ、食べるときは頭の位置が胃袋よりも低くなり、首から胴体までが水平で、食べたものが物理的に逆流しやすい構造になっているのですから…。

 でも、吐く行為は胃や食道を傷つけるので、決してよいことではありません。健康な猫でも、体内にたまった毛玉を吐き出したり、食べ過ぎて吐いたりしますから、嘔吐したから病気というわけではありませんが、吐いた内容物や吐いた後の様子などによっては、病気である可能性もあります。次に、動物病院で診てもらうかどうかのチェック・ポイントを掲げましたので、よく観察して判断してください。

【嘔吐の際のチェック・ポイント】

①病気の可能性があるので、受診したほうがよい場合


・赤または黒っぽい液体を吐く
 胃や腸で出血をしている可能性があります。どす黒くなるのは、出血して時間が経っていることを示します。

・血液のような赤やピンクの点々の混じったものを吐く
 食道や胃の出血、内臓の炎症などのおそれがあります。

・鮮血を吐く
 口内の傷からの出血でなければ、肺からの可能性があります。胃からの出血は胃液が混じって黒ずんでいます。

・吐しゃ物から便の臭いがする

・何度も嘔吐や吐き気が続く

・異物や薬品を飲み込んだ後、急激な吐き気がする

※なお、嘔吐の後、ぐったりして元気がない、いつもより熱がある、などの症状があれば、すぐ動物病院で診てもらった方がよいでしょう。

②すぐに心配はいらないが、対策が必要な場合


・食べたものを吐き出す

 未消化のフードを吐き出し、その後元気な場合は、早食いや空腹時にたくさん食べることが原因です。1回の食事の量を少なくして回数を増やします。
 また、半分消化したどろどろのフードを吐き出す場合は、ドライフードの消化がよくないことが考えられます。ドライフードを少し水で湿らして与えるか、消化に配慮したドライフードを与えるとよいでしょう。

・毛玉を吐く
 毛づくろいで飲み込んだ毛玉が胃袋にたまり、排泄できないと、猫は異物として吐き出します。正常な生理現象ですが、度々重なるのは胃酸で胃が荒れますから、対策が必要です。こまめにブラッシングをする、毛玉を除去するフードを与える、などを試してください。

・猫草を吐く
 猫は草を消化できません。猫草を好む猫には少量ずつ与えるようにします。毛玉を吐くために猫草を食べる猫もいますから、その場合は上記の毛玉対策も併せてしてください。

・胃液を吐く
 猫は、空腹時や寝起きの際に胃液を吐くことがあります。白や黄色の液体なら問題ないとされますが、度重なるときは念のため受診したほうがよいでしょう。対策としては、食事の間隔を調整し、空腹を避けるようにすることです。場合によっては、おやつを少量与えるなどして調節するのもよいでしょう。

  TOP  HOME