猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

イジメとけんか
複数の猫を室内飼いする場合

空間的な距離を保つことが大切。やきもちにも注意

 
 猫は元来、争いごとを好まず、屋外の集団ではできるだけ距離を保って生活しています。けんかが起こるのは、その距離的なバランスが崩れるからです。それでもいきなりは襲いかからず、長い威嚇行為をした後で、どちらも引かなければ実力行使となります。

 猫のけんかは当然、室内で飼う場合でも起こります。「猫ちゃんが独りではかわいそう」と考えて複数飼いをする人が多いのですが、ある学者によると、猫にとっては初めから2匹同時に飼うのが理想的なのだそうです。猫ちゃんが家に来る時期がずれると、先住猫がやきもちを焼いたり、ぐれたりして、飼い主を手こずらせることがあるからです。こうした三角関係を解消するには、先にいる猫ちゃんをいかに愛情深く大切にしているかを、時間をかけて分からせる必要があります。

 複数飼育で大切なことは、それぞれの猫の食事と排泄、睡眠の空間を十分に確保することです。屋外で半分生活する猫と同様に、狭いながらも十分な距離を保つことが大事なのです。

猫同士の相性を考え、先住猫を立てる

 猫の性格は気丈、気弱、陽気、物静か、臆病など、いろいろです。それだけでも力関係がある程度できますが、さらに家に来たのが先か後か、年齢は上か下か、オスかメスか、出産経験があるかないか…など、いろいろな要素が相性や力関係に影響するようです。

 2匹目、3匹目と飼い猫を増やす場合は、飼い主の好みよりも猫同士の相性を考えてあげたほうがよいでしょう。猫同士のストレスはやがて飼い主に降りかかってきますから、特に先住猫には気配りが怠れません。また、先住猫が母親や兄弟と社会性を身につけるに十分な期間過ごしているかどうかも、複数飼育をする上では重要なポイントとなるようです。

 多頭飼いは、イジメやけんかさえうまく避ける環境を作ることができれば、思ったほど世話のかかることではないようです。もともと独立心の強い猫のこと、それぞれ勝手にやってくれるでしょう。猫を1匹だけ飼うか、2匹にするか、それとも多頭飼いにするかは部屋の広さと趣味の問題で、「独りではかわいそう」は人間の勝手な思い込み。人にとっても猫にとっても、どの形が一番幸せかは一概に決めつけられないようです。

  TOP  HOME