猫と暮らしたい基礎知識生活環境としつけ問題行動と危険健康管理と病気猫の不思議愛猫エッセイ写真

迷惑? 人の都合よりも自己最優先の猫

 
 猫と暮らしていると誰でも経験することですが、床に新聞や雑誌などを広げて読んでいると、おかまいなしにその上を歩いたり、ちゃっかり座り込んだりします。洗濯物をたたんでいる時にその上に乗るのはいいほうで、動きに合わせてじゃれつく猫もいます。

 その他、食事の支度時に足にまとわりついて遊びや食事をおねだりするとか、棚の上の小さな物を下に落とす、ティッシュペーパーを次々と取り出して遊ぶ、人が寝ているお腹や足の上を堂々と踏んで横切る、パソコンのキーボードに乗る…などは猫にとって当たり前の行動です。これらのかわらしい「迷惑行為」は猫によって好みが違うようで、一度クセがつくともうやめられません。パソコンの場合は、偶然にとんでもないコマンドが実行され、ひどい目にあうことがありますから、猫に触らせないような注意と工夫が必要になります。

 猫は犬との比較で自己中心的だと言われますが、もともと単独行動で生きてきた種族ですから、飼い主のご機嫌をとって褒められようなどというココロはありません。でも、警戒心の強い猫がそこまで傍若無人にふるまえるということは、それだけ自分の住む環境や飼い主の家族に順応し、安心しきっている証拠ですから、喜ばしいことなのです。許容できる範囲で、「迷惑」を楽しむ気持ちがあれば、立派な「猫好き」への仲間入りです。

 自己最優先行動のココロは、「甘えたい」「遊んで欲しい」ですから、猫のいる風景を楽しむだけでなく、タイミングを見ながらこまめにかまってあげましょう。

  TOP  HOME